ホームお問い合わせ
企業情報ネットショッピング店舗情報

お客さまへのまごころ人財育成

ジョーシングループ行動規範に従いお客さまへの取り組みを進めています。

当社のお客さまへのCSR活動は「ジョーシングループ行動規範:お客さまに対する行動」を柱に、安心・安全な製品、サービスの実現や適切な情報提供など幅広く行っています。

資格取得を通じ、専門知識豊富な従業員を積極的に養成しています。

「家電製品アドバイザー」は、家電の販売・営業及び接客のプロとして、商品選択、不具合対応、廃棄等について消費者に的確な助言ができる知識・技能があると認定された人に付与される資格です。「スマートマスター」は、住まいや住宅設備の構造・性能、省エネ管理等に関する技術や商品動向を理解し、横断的な知識をもって消費者のニーズに合ったスマートハウスの構築を支援する資格です。(※1)また、「フォトマスター検定」は、カメラ、周辺機器、撮影技法などに関する実用的な知識とスキルの向上を目的とした検定試験です。(※2) 当社は、専門知識豊富な従業員の養成によって、お客さまに、より一層の安心とご満足を提供できる『幸せ提供業』を目指してまいります。

※1 「家電製品アドバイザー」「スマートマスター」は、一般財団法人 家電製品協会が認定する資格です。
なお、平成29年5月31日現在、当社の171店舗と25サービスセンターが「スマートマスターがいるお店」として家電製品協会のホームページに公開されています。
※2 「フォトマスター」は、公益財団法人 国際文化カレッジによる、写真とカメラの実用知識の検定試験です。
※3 家電アドバイザー エグゼクティブ等級は、家電アドバイザーの内、その保有知識が最上級レベルにある者に付与されるものです。
※4 スマイルパートナーとは、パートタイマーの社内愛称です。

CS向上のため、販売スタッフへの商品研修も定期的に実施しています。

  • エアコン基礎工事体験研修

  • 商品設置体験研修

当社では、お客さまに満足いただける商品説明力を向上させるため、スマイルパートナーを含む販売スタッフを対象とする商品研修を定期的に実施しています。取り扱う商品の基礎知識から商品ごとの特色、安心・安全のための留意点まで、販売員としての専門知識を習得しています。

技術系従業員の資格取得のための、自主学習システム「まいべん君」や
配送設置技術の研修施設「トレーニングハウス」。

アフターサービスを担当する従業員の技術知識力向上を目的に、平成17年1月から「まいべん君」といわれる自主学習システムを開始。「まいべん君」は「勉強そのものを習慣づけよう」という思いから始まった自主学習システムです。対象者はジョーシンサービス(株)に在籍する全従業員です。また、技術系社員を対象にした各種技術研修や配送社員対象の実務研修も多数行っています。配送設置技術の習得を目的として、技術研修センター内に開設した「トレーニングハウス」は、物品搬入訓練用家屋構造の独自性が認められ、平成24年4月に特許を取得いたしました。

お客さまに喜ばれる本物の接客をめざしてハートフル10活動を徹底しています。

当社は、お客さまへの心からのおもてなしを全店舗に徹底させるため、ハートフル10活動を実施しています。ハートフル10とは、「お客様への3つのお約束」のひとつ「どこよりも 笑顔ともてなしの あふれるジョーシン!」を実現するために必要な重点ポイント(10項目)を、全店舗で実践するための活動です。各店舗のハートフル10推進担当者を中心に、入店からお帰りまでのおもてなしを徹底しています。また、四半期に一度、外部機関によるモニター調査を実施して、ハートフル10の実践度をチェックし、改善につなげています。

なお、平成26年6月からは、ホスピタリティマインド(おもてなしの心)の醸成を目的に、ジョーシンの店舗で実際に実践されているホスピタリティの実例をCS推進部が定期的にまとめ、『ホスピタリティ実例集』として全店に配信しています。最新版の実例集は、各店の従業員の目に触れやすいように事務所・休憩室・バックヤード等に貼り出しており、過去に配信した実例集のバックナンバーは専用ファイルにすべてファイリングして休憩室等に設置し、いつでも閲覧できるようにしています。

このページの先頭へ