ホームお問い合わせ
企業情報ネットショッピング店舗情報

環境へのまごころ省エネとリサイクル

地球温暖化防止のため、省エネ家電普及促進活動を行っています。

省エネ家電普及促進活動の一環として「スマートライフジャパン推進フォーラム」に参加しています。このフォーラムは、家電製造事業者、家電小売事業者や消費者など関係者が連携して省エネ家電製品(エアコン・冷蔵庫など)の普及に加えて、「エネルギー消費の見える化」による消費者意識の向上を図り、エネルギーを無理なく効率的に上手に利用する「スマートライフ」の実現について、日本全体が一体となって普及を促進していくことを目的としています。当社もこれに協力して省エネ型家電製品の販売促進活動および、電気自動車の家庭用充電コンセント設置見積もり等の、「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」を積極的に推進しています。これらの活動や環境マネジメントシステムの積極的な推進により、温室効果ガス排出量の削減と地球温暖化防止に取り組んでいます。

「ライトダウンキャンペーン」や自治体の活動に参加しています。

CO2排出による地球温暖化を防止するため、平成22年より環境省が実施する「ライトダウンキャンペーン」に参加しています。
大阪府が取り組む事業「大阪EVアクションプログラム」にも参加し、岸和田店、東大阪店、南津守店に太陽光発電システムを併設した「電気自動車急速充電システム」を、鳳店、鶴見店、外環柏原店に「電気自動車充電システム」を設置しています。大阪府下の急速充電設備等をITによってネットワーク化しEVユーザーに利便性の高い充電サービスを提供する世界初の取り組み「おおさか充電インフラネットワーク」にも参加しています。その他、津名店・姫路東店(兵庫県)、海南店・御坊店(和歌山県)、半田店・小牧店(愛知県)、桜井店・斑鳩店(奈良県)、長岡京店(京都府)、松阪店(三重県)、鴻巣店・北本店(埼玉県)、市川大野店(千葉県)、岡山岡南店(岡山県)にも電気自動車充電システムを設置。クリーンエネルギー自動車の導入促進に協力しています。

「COOL CHOICE」に賛同し、宅配便再配達防止のため配達体制を整備しています。

「COOL CHOICE」とは、温室効果ガス削減のための国際枠組みとして採択されたパリ協定にもとづき、2030年度の温室効果ガス排出量を2013年度比で26%削減するという国の目標達成のために、省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動です。
当社は、温室効果ガス削減のための取り組みとして、平成29年3月、環境省が「COOL CHOICE」の一環として推進する「宅配便再配達防止プロジェクト(できるだけ1回で受け取りませんかキャンペーン)」に家電量販業界で唯一賛同し、インターネットショップを中心に、商品お届け時間指定やお届け先の選択肢拡充など、お客さまのライフスタイルに応じた配達体制の整備に努めています。このような配達体制の整備により、お客さまの利便性を高めるとともに、温室効果ガス削減にも貢献しています。

プラスチック製品の回収・リサイクル実証社会実験「BRING PLA-PLUSプロジェクト」に参画しました。

「BRING PLA-PLUSプロジェクト」とは、環境省「製品プラスチック等の効率的な回収システムの構築および再資源化ビジネス支援」のもと、その多くが焼却・埋立処分されているプラスチック製品リサイクルの仕組みを作るために、消費者と小売、メーカーが連携して、使用済みプラスチック製品の回収・リサイクル実証社会実験を行うものです。当社は、平成25年度より参画し、使用済みの玩具類、文具類、タンブラー、その他プラスチック製品をお客さまから回収するため、お客さまにレジにて回収袋の配布や、店頭における回収ボックスでの回収などの、協力を行いました。(※1)

※1 平成25年度参画店舗:
浦和美園イオンモール店、羽生イオンモール店(計2店舗)
  平成26年度参画店舗:
姫路大津イオンモール店、伊丹昆陽イオンモール店、高槻店、草津イオンモール店、登美ヶ丘イオンモール店、大日イオンモール店、泉南イオンモール店、各務原イオンモール店、 大高イオンモール店 、浦和美園イオンモール店、羽生イオンモール店(計11店舗)
  平成27年度参画店舗:
浦和美園イオンモール店、羽生イオンモール店、アリオ川口店 (計3店舗)
  平成28年度参画店舗:
浦和美園イオンモール店、羽生イオンモール店、アリオ川口店、狭山イオン店(計4店舗)
  平成29年度参画店舗:
浦和美園イオンモール店、羽生イオンモール店、アリオ川口店、板橋前野店、王子店、松戸店(計6店舗)

パソコン・タブレットPCやデジタル家電をはじめ、携帯電話、TVゲーム機の
リユース促進でCO2削減に貢献しています。

平成13年より中古パソコンなどデジタル機器(※1)の買取・リユースを開始。平成21年度からは携帯電話も取り扱い、スマートフォンへの買い替えの際に多くのお客さまにご利用いただいております。平成23年度にはTVゲーム機の買取・リユースにも取り組み、平成24年度からはタブレットPCの取り扱いも開始。平成29年度はグループ全体で約33,771台の取扱量となりました。

※1 買取・リユース対象品種:
パソコン、携帯電話、デジカメ、ビデオカメラ、ディスプレイ、プリンタ、スキャナ、ストレージ、DVDレコーダー、薄型テレビ、オーディオ、TVゲーム機、その他。

使用済みのパソコンを積極的に回収・再資源化しています。

「資源有効利用促進法(改正リサイクル法)」に基づき、ご家庭で利用していた個人所有の使用済みパソコン(当社規定の対象機種)を回収、再資源化を行っています。

使用済みのパソコンの回収・再資源化についてはこちら

ジョーシンは、お客さまと共に、資源回収に努めます。

家電リサイクル法に基づき、お客さまからご不用となった家電4品目の引取を行っています。限りある資源の有効利用と健全なリサイクル社会をつくるために、店舗やサービスセンターでお引き取りしております。また、使用済み蛍光管の回収についても、自治体からの協力要請に応じて対応しております。(※1)

※1 使用済み蛍光管の回収協力を行っている自治体 :刈谷市、名古屋市(予定)

小型充電式電池や携帯電話の回収も進めています。

資源リサイクル促進のため、一般社団法人JBRC主催のキャンペーンに協力。平成29年4月〜平成30年3月の期間に小型充電式電池5,484.94kgを回収しました。また、当社は使用済み携帯電話の回収にも協力しており、平成29年度は12,291台を回収しました。なお、グループ全店での資源リサイクルへの積極的な取り組みが評価され、当社は、一般社団法人JBRC主催「小型充電式電池 リサイクルパワーアップキャンペーン」において2014年から4年連続「優秀貢献賞」の感謝状を授与されました。

小型廃家電のリサイクル回収に積極的に協力しています。

小型家電リサイクル法に基づき、平成26年8月よりお客さまからご不用となった小型家電を店舗やサービスセンターでお引き取りし、再資源化に協力することで、廃棄物の適正な処理および、資源の有効な利用の確保を図り、生活環境の保全に努めています。平成29年度は、247,546台を回収しました。

このページの先頭へ