ホームお問い合わせ
企業情報ネットショッピング店舗情報

製品安全への取り組み製品安全文化構築への取り組み

アフターサービス/お客様等への啓発活動

■業界に先駆けサービス部門を設立
当社は、お客様に販売した家電製品は最後まで責任を持って対応することが「まごころサービス」である、という信念のもと、昭和31年(1956年)に修理サービス部門を設立しました。現在は100%出資の子会社「ジョーシンサービス(株)」として独立しています。
また、昭和40年(1965年)には、アフターサービスの迅速化のため、業界でいち早く無線サービスカーを導入。販売からアフターサービスまで自社で責任を持って対応できる体制を整えてきました。

  • 業界に先駆けて開設した「サービス部門」
    〈昭和31年8月)

  • サービス迅速化のために導入した「無線サービスカー」
    〈昭和40年9月)

■当社のアフターサービス対応実績
当社のアフターサービスとしての修理体制は、お客様のご自宅へ訪問する「出張修理」と、故障した機器をお預かりする「持ち込み修理」があります。

◎出張修理受付件数 年間約27万件  ◎持ち込み修理受付件数 年間約24万件

持ち込み修理品を社内修理するにあたり、修理品質の向上と標準化及び品質管理精度を高めるため、配達・工事・修理サービス業務を行うジョーシンサービス(株)ファクトリーサービス部にて、平成12年(2000年)に品質管理の国際規格ISO9002(現在はISO9001に移行)を認証取得しました。
→ISO9001認証についての詳細はこちら
当社は、他社購入製品も修理対応しています。また冷蔵庫、洗濯機、テレビについては、夕方5時までの受付分を即日出張修理できる体制です(但し即日出張修理対応エリアに限る)。

■製品安全セミナーの実施
社会の製品安全文化構築に向けての一助として、当社で行っている製品安全対策に関する取り組みについての講演や執筆活動を行っています。
お客様等向けにも、当社の製品安全への取り組みを紹介し、長期使用製品による発火事故リスクやリコール告知DMの重要性等、製品安全に対する啓発を行っています。→製品安全セミナー等の詳細はこちら

このページの先頭へ