売り場を知る

キャリアのスタートは店舗から―

ビジネスの原点は売場にあります。
商品知識・接客を学ぶと同時に、店舗作りのスキルをOJTで習得します。

  • A&V(オーディオビジュアル)機器コーナー

    A&V(オーディオビジュアル)機器コーナー

    テレビやDVD・ブルーレイなどの映像機器とデジタルオーディオなど音響機器を取り扱うコーナーです。4Kテレビやブルーレイなど話題の商品も多数取り扱っています。
    機器の多様化により商品選びに迷うお客様もたくさんいらっしゃいますので、わかりやすい売り場づくりとアドバイスが求められています。スポーツイベントなど話題のコンテンツとの関連も深く、お客様の注目度の高いコーナーです。

    コーナー担当者の声コーナー担当者の声

    A&V(オーディオビジュアル)機器コーナー

  • キッズランドコーナー

    キッズランドコーナー

    お子様向けの玩具やテレビゲームからプラモデル、鉄道模型にいたるまで、幅広くホビー商品を扱うコーナーです。流行の商品を多数取り扱っており、常に目新しく時代を先取りする売場づくりが求められています。
    また、プラモデルや鉄道模型といった大人向けの趣味性の高い商品も多く取り扱っていますので、専門的な知識が求められることもあります。
    お子様から年配のお客様まで、幅広いお客様にご利用いただいています。

    コーナー担当者の声コーナー担当者の声

    キッズランドコーナー

  • モバイルコーナー

    モバイルコーナー

    スマートフォンをはじめとする各キャリアの携帯電話などモバイル商品と携帯電話アクセサリーを取り扱っています。
    専門的な知識をお持ちでないお客様に対し、販売員がお客様のニーズを引き出し、相談に乗りながらご利用方法に合った機種や料金プランの提案、オプショナルサービスの紹介を行っています。

    コーナー担当者の声コーナー担当者の声

    モバイルコーナー

  • 生活家電コーナー

    生活家電コーナー

    冷蔵庫、洗濯機、電子レンジや炊飯器などの調理家電、掃除機といった生活に欠かせない家電製品をはじめ、エアコン、冷暖房器具、理美容商品、健康機器に至るまで幅広い商品を取り扱うコーナーです。
    生活家電の多くは普及率が高く、買い替えのお客様が中心ですので、今お使いの商品の不満をお聞きしながら、お客様のニーズにあった商品の提案を心がけるとともに、省エネ商品のメリットもお伝えしています。また、最近では話題の住宅リフォームについて、設備の提案や商品販売にも力を入れています。

    コーナー担当者の声コーナー担当者の声

    生活家電コーナー

  • 情報機器コーナー

    情報機器コーナー

    パソコン、プリンタ、デジタルカメラ、電子辞書など情報機器と電話機、FAXなど通信機器を取り扱うコーナーです。商品の販売だけではなく、快適なパソコン環境やネットワークの提案も行っています。
    A&V商品や家庭用ゲーム機など情報機器以外と接続されたり、情報機器を使わずネットワークを構築されるお客様も増え、ますますトータルアドバイスが求められるようになりました。また、パソコンやデジタルカメラ、携帯電話など中古商品の買取り・販売も積極的に行っています。

    コーナー担当者の声コーナー担当者の声

    情報機器コーナー

モバイルコーナー担当

宮嶋 智美TOMOMI MIYAJIMA

宮嶋 智美

計画性を持って考えながら行動すること

これは私が仕事を通じて学んだことです。担当のモバイルコーナーで目標を設定して拡販イベントを行うことがありますが、実施が決まると、まず「目標達成のためにどうすればよいのか」を自分でしっかり考え、そのうえで従来の売場演出や告知方法などを見直し、当日に向けて計画的に準備を進めるようにしています。例えば早い時期から売場に告知POPを掲示したり、館内放送でご来店のお客様にアピールするだけでなく、WEBチラシの自店ページで多数のお客様に広く告知をしたりもしています。このように自分で考え行動した結果が、目標を上回る成果に結びついたときは本当に嬉しいです。これも今でこそうまくできるようになりましたが、最初は失敗もしながらたくさん経験を積んだからだと自分の成長を感じています。また、こうして達成した時に店全体で「よくがんばったね!」と褒めてくれる雰囲気があるのもやりがいにつながっています。

「お得意様」とのつながりを大切に

ジョーシンは従業員同士のつながりももちろんですが、従業員とお客様とのつながりがとても深い会社だと思います。入社当初、どの先輩社員にも、ご指名でご来店される「お得意様」が複数いらっしゃることにびっくりした記憶があります。今では私自身もお客様との信頼関係を築くことができ、それが当たり前に思えるようになりましたが、「お得意様」がジョーシンを利用し、支えてくださっていることが、一番の強みだと思います。

何でもオールマイティにこなせる社員に

宮嶋 智美

ジョーシンの仕事は、自分の担当コーナーだけに限定されるのではなく、担当コーナー以外の商品の接客やレジ業務、修理受付など多岐に渡ります。まだまだ専門以外の知識は少ないですが、今後作業効率をUPしたり、商品知識を増やすなどして、他のコーナーにもどんどんチャレンジし、どの商品でも対応できる、オールマイティな社員になるのが目標です。

宮嶋 智美

閉じる

キッズランドコーナー担当
主任

森田 直実NAOMI MORITA

森田 直実

夢のあるエンターテイメントコーナー

キッズランドコーナーではおもちゃ、テレビゲーム、プラモデルなどのホビー商品を取り扱っています。ジョーシンがホビー専門のコーナーを開設してから約30年、時代の流れとともに販売するホビー商品は変わってゆきますが、ご来店されるお客様の期待は変わらず、「夢のあるエンターテイメントコーナー」としての専門性、ジョーシンならではのこだわりを持ちながらたくさんのお客様に楽しんでいただけるような売り場作りを目指しています。
日々、発注(売場)・納品(商品管理)・販売(レジ)など一連の業務がありますが、キッズランドのメンバーはパートタイマーがメインですので、レギュラー社員は1人ないし2人でパートタイマーの労務管理も行います。
これだけ見ると、業務が多いように感じますが、売場構成などは全て担当者に任されていますので自分の考えた売場を作ることができ楽しいです。それが売上に繋がると喜びもひとしおです。

お客様の笑顔があふれる売場に!

小さなお子様からご年配のお客様まで幅広い年齢層のお客様が立ち寄ってくださるキッズランドコーナーでは、様々なお客様の「思い」に触れることがあります。
クリスマス、遠方にいらっしゃるお孫さんにプレゼントを選んでいるおじいちゃん、おばあちゃん。待ちに待った誕生日、約束していたゲームソフトを買いにきた男の子。お母さんと一緒にぬいぐるみを選ぶ女の子。展示している動く電車を見て喜んでいる小さな子どもたち。キッズランドコーナーの商品はどれも家電製品のような生活必需品ではないですが、キラキラとした目で商品を選び、嬉しそうに持ち帰るお客様を見ていると、幸せを提供している仕事だと実感でき、とてもやりがいを感じます。

キッズランドコーナー主任としての責任感

森田 直実

入社7年目で主任に昇格し、キッズランドコーナーを統括する責任感を感じながら日々の業務に励んでいます。すべてを自分で抱え込んでしまうのではなく、あくまでもメンバー全員で取り組むこと。協力と感謝を忘れずに、しっかりとコミュニケーションを取ってチームワークを意識して仕事を進めるように心がけています。メンバーが楽しくやりがいを持って仕事ができるようなキッズランドコーナーにしていきたいですね。お客様の笑顔はもちろん、従業員も笑顔でいることが大切だと考えています。

森田 直実

閉じる

A&V(オーディオビジュアル)機器コーナー担当

須賀 猛TAKERU SUGA

須賀 猛

人、そして商品に対する思いに「愛」がある!

ジョーシンには「人」が「人」を育てるという文化があります。
従業員同士で高め合うことはもちろん、お客様やお取引先様から学ぶこともたくさんあり、様々な人と関わりながら自分自身の人間性が成長できると思っています。社是「愛」にあるように、ジョーシンには人を思いやる「愛」があり、人を大切にしているという社風を感じますね。
ジョーシンは幼い頃から家族でよく行く店舗でした。接してくれるスタッフの方みなさんが温かく、真摯に対応してくれたという印象があり人柄の良さを感じていました。そのイメージは変わることなく、今の職場も活気があり、スタッフのモチベーションも高いのでとてもよい職場環境だと思います。

一人ひとりのお客様のニーズに合った提案接客を!

新入社員の頃、どれだけ頑張って商品説明をしても購入に至らず悔しい思いをした時期があり、悩んでいる時に育成リーダーから「この商品を使ってどんなことができるかを提案することが接客だよ」とアドバイスしてもらいました。単なる商品機能の説明になっていたことに気づかされ、お客様一人ひとりがどのようなニーズを持っているか、しっかりとご要望に耳を傾けて提案をすることの大切さを学びました。お客様に寄り添い、気持ちをくみ取るように心がけて接客をすることで、お客様から様々な情報を話してくださり、「ではこれが良いですね!」という提案ができるようになりました。先輩のアドバイスをきっかけに、成約率も売上もどんどん上がっていき予算達成の楽しさとやりがいを感じることもできました。

お客様からいただいた感動こそ仕事のやりがいです。

須賀 猛

ドアホンの調子が悪いというご家族でお越しのお客様に、症状や設置状況、ご使用年数などをしっかりお聞きしたうえでお取替えを提案したのですが、「他の電気屋さんに尋ねても納得いく答えが来なかったリ、対応があまり気持ちよくなかった。須賀さんはそんな大きな金額の案件でもないのに親身になって時間をかけて対応してくれた。本当に感謝している」とのお言葉をいただいた時は、逆に感動をいただいた気持ちになりました。お客様のニーズにしっかり寄り添って提案することこそ電気店のあるべき姿だと思います。これからも一人ひとりのお客様と向き合い丁寧にご対応していこうと思いました。
また、店舗の核となるような商品担当にチャレンジしてキャリアアップを目指したいと思っています。

須賀 猛

閉じる

生活家電コーナー担当

安藤 美穂MIHO ANDOU

安藤 美穂

人を大切にする社風に魅力を感じ入社を決意

就職活動では人との関わりの中で自己成長できるような仕事に就きたいと思い、業界を絞らずに活動していましたが、幼い頃から家族でよく訪れたジョーシンの会社説明会に参加して、生まれ育った地元で就職できること、お客様はもちろん従業員やお取引先様に愛をもって接するという「人」を大切にしている社風に魅力を感じて入社を決意しました。
ジョーシンは関西!というイメージが強いですが、地元出身の従業員も多く従業員同士の話題はもっぱら地元ネタ。配属された店舗にもすぐに馴染むことができました。店舗のメンバーみんなが積極的に情報交換をするので、仕事のアドバイスをしながらお互い高め合って仕事をしていると実感できます。地元で仕事ができる安心感もあり、楽しい社会人生活を満喫しています。

がんばったことを評価してくれる達成感があります。

店舗で担当しているのは生活家電コーナー。人々の生活に欠かせない冷蔵庫や洗濯機、調理家電などの家電製品がたくさんあるので在庫管理はもちろん、それぞれの商品の特徴や違いなどお客様に分かりやすくお伝えできるようにするため、日々の商品知識を習得する努力は欠かせませんね。メーカー様が新商品を発表したらいち早くカタログを確認、「これはどういう機能だろう」と疑問に思えばその都度質問して疑問を解消しています。最近の生活家電製品は女性雑誌などで取り上げられることもあり、流行やトレンドに敏感になることも重要!人気が上昇するとすぐに品切れすることもあるので、しっかり情報収集することが大切です。
販売の仕事は必ず数字がついてきますが、新入社員から商品担当を任されるので一生懸命取り組めばNo.1になれる事もあります。私も担当商品の売上げでエリアNo.1になったことがあり、努力が評価される達成感がありますし、何より周りのメンバーが一緒になって喜んでくれたことがうれしかったですね。ジョーシンにはがんばっている人を応援してくれる仲間がいます!

『安藤さん、ありがとう!』この言葉が一番嬉しいです。

安藤 美穂

入社して間もないときは、自分の知識不足と段取りの悪さで成約に結びつかず、悔しい思いをしたこともたくさんありました。でもその悔しさをバネに、先輩に教えてもらうことはもちろん、貪欲に自ら学ぶ姿勢も身に付きました。お客様が商品を使って笑顔になってくださった時、家電販売の仕事は幸せを提供するとてもやりがいのある仕事だと実感できます。
お客様から「じゃ、これにするわ。安藤さん、ありがとうね!」と笑顔とともに感謝のお言葉を頂いたときは本当に嬉しく思います。お客様とより密接に関わりながら販売ができるのもジョーシンならではの魅力。私が接客時に心がけていることは商品の話だけではなく、何気ない世間話を交えながらお客様とお話をすること。お客様にとってジョーシンでの買い物が楽しい時間になってほしいなと思いながらご提案しています。

安藤 美穂

閉じる

情報機器コーナー担当

兼森 匡彦MASAHIKO KANEMORI

兼森 匡彦

地域に密着して人のくらしを支える仕事がしたい!

生活に密着した商品を取り扱い、お客様とより深い信頼関係を築きながらくらしを支える仕事がしたいという思いと、地元密着の店舗展開、お客様へのまごころサービス、従業員への「人こそすべて」というジョーシンマインドに惹かれたことでジョーシンへの入社を決意しました。また、関西で社会貢献をしたいと思っていたので内定したときは嬉しかったですね。
阪神タイガースのオフィシャルスポンサーということもあり、店舗は活気が溢れています。スタッフ一人ひとりのモチベーションも高く、社会人になった今も先輩方から「学ぶ」ことはたくさんあります。先輩から学んだことは、これから入社してくる後輩にもしっかりと伝えていきたいと思っています。

最新家電の魅力を伝える楽しさ

店舗での仕事は様々ですが、特に新製品が入荷して商品を店頭に展示するときはわくわくします。メーカー様が思いを込めて作られた家電製品で搭載された最新技術を知ると「ぜひお客様にも使っていただきたい!」という思いが沸いてきます。また、その商品をどのように展示してアピールしたら「魅力ある商品」「買いたくなる商品」になるか、POPを作成したり並べ方を工夫したり考えている時間が楽しくやりがいを感じます。最新家電の商品知識を学ぶことは難しそうだな、というイメージでしたが、実際の家電を手にしながら得られる家電の商品知識はどんどん吸収できますね。
もちろん、その商品が販売できたときは喜びも倍増です!

私を指名して下さるお得意様を増やしたい!

兼森 匡彦

ジョーシンは「お得意様」の文化が根付いており、店舗の先輩にも多くのお得意様がいらっしゃいます。店舗が異動になっても、その販売員から購入したいと希望されるお客様も多く、わざわざ異動先までご来店してくださいます。そんな先輩とお客様をたくさん見てきたので、私もそんな販売員になって「兼森くんから買いたい」と言ってくださるような、自分のファンになっていただけるお得意様をたくさん増やしていきたいですね。

兼森 匡彦

閉じる