女性の働き方を知る

女性の働き方を知る

10年先も、20年先も「自分らしく」やりがいをもって働きたい。

10年先も、20年先も「自分らしく」やりがいをもって働きたい。

さまざまな女性社員の仕事への思いや仕事と向き合う“女性ならではのこだわり”など
ジョーシンでイキイキと活躍する社員の声をお届けします。

社員の「働き方」をサポートする取り組み

社員の「働き方」をサポートする取り組み

西廼 仁美

西廼 仁美新卒採用 2006年入社

関西営業部 店舗勤務 家電コーナー担当

家族との時間も、仕事の時間も
私らしく過ごせることが幸せです。

店舗で家電製品全般の接客販売および商品在庫のメンテナンスやPOPづくりなど、生活家電コーナーの売場管理をしています。
2010年に結婚、2013年に長男を出産、2015年に次男を出産して二回の育休を取得し、現在は育児短時間勤務制度を利用して勤務しています。
妊娠中は体調が優れないこともあり、店舗に出られない時は伝票整理などの事務仕事をすることもありましたが、「今は身体を休めるのが仕事だよ」「ゆっくりね」と上司や同僚から身体を気遣う温かい言葉をかけていただいて、仕事を配慮してもらえたことがとても嬉しく感じました。お客様からは「元気な赤ちゃん産んでね。戻ってきたら必ず連絡してね!」と言ってくださり、出産後も仕事を続ける励みになりました。

仕事をしながら家事や子育てをするのは決して容易いことではありませんが、協力してくれる家族の温かさを感じることができたり、私たちが販売している家電製品の魅力を改めて実感したりと、新たな発見は自分自身の成長につながっていると思います。当たり前のことではなく、子どもが健康でいてくれることにも感謝するようになりました。

元気な子どもたちの笑顔に癒されています。

家族と過ごす時間も大切なので、休みの日はできるだけお出かけできるように毎日の家事はため込まず、洗濯機・掃除機・食器洗い機など家電製品はフル活用です(笑)。これからも私らしく働けるジョーシンで仕事と家庭を両立していきたいです。

山下 直実

山下 直実新卒採用 2011年入社 主任

関西営業部 店舗勤務 キッズランドコーナー担当

主任になり
何事も計画的に考えて
物事を進めるようになりました。

おもちゃやテレビゲーム、プラモデルなどを取り扱うキッズランドコーナーで主任をしています。仕事内容は主にキッズランドコーナーの商品発注(売場)・納品(商品管理)・販売(レジ)など一連の業務が中心で、パートタイマーやアルバイトの育成や勤務管理業務もあります。
ジョーシンのキッズランドコーナーは小さなお子様から多趣味なご年配の方まで、幅広い年齢層のお客様が多くご利用されますので、どのお客様にも楽しんで頂ける売場づくりへのこだわりは欠かせません。担当者それぞれがアイデアを出し合いながら売場を作り、売上に繋がったときはやりがいと達成感を感じることができます。

仕事をするうえで、計画的かつ効率的に物事を進める意識が身に付きました。いつまでに何をしよう、今日はこれをする、これは依頼しよう!と考えながら業務に取り組めるようになってきたと思います。

雑貨を見たり買ったりするのが好きなので、休日はよくショッピングモールに出かけます。興味を引く POPや工夫された陳列を見ていると、「なるほど!」とか「やってみよう!」とついつい仕事モードになっちゃいます。

動物の雑貨が好きで、見ると欲しくなっちゃいます。
桑田 広奈

桑田 広奈新卒採用 2015年入社

関西営業部 店舗勤務 家電コーナー担当

仕事でも笑顔、プライベートも笑顔、
毎日が充実した社会人生活です

私がジョーシンの説明会に行こうと思ったのは、小さい頃から両親とよく行く親しみのある会社だったから。説明会で、お客様や従業員、関わるすべての人を大切にするという考えが、自分の就職活動の軸にマッチングしました。選考でも人を大切にしているという社風を感じることができ、私の志望度も選考が進むに連れて高くなりました。どの選考でも社員の方々が学生からの質問に時間を割いてしっかり答えてくれ、そのような真摯な対応が「まごころサービス」にもつながっていると実感しました。
配属された地元の店舗では、ジョーシンのお得意様も多く「いつも買い物はジョーシンでするよ」と温かいお言葉をかけていただき、先輩方が築いてきたお客様との信頼関係が深いことを実感しています。新入社員の頃は、まだまだ商品知識が乏しく、お客様に満足いただけるような商品説明ができずに悔しい思いをしたことも多々ありました。「次も来るから勉強しといてね!」とお客様からチャレンジできる機会を与えてもらうこともあり、私を指導してくれるのは先輩や上司だけではないと感じ、お客様の期待に応えられる販売員になりたいと強く思えるようになりましたね。

ビタミンたっぷりスパイス美肌プレート!料理教室で、美味しくできました。

休みの日はとにかく予定を計画し、京都散策しながら美味しいカフェを探したり、学生時代にバンド活動をしていたことから、音楽フェスに行ったりとアクティブに出かけています。あとは、ずっと実家暮らしなので、社会人になってから料理教室に通っていて、色々な料理が出来るようになってくると、電子レンジやホームベーカリーなど最新の調理家電が欲しくなってしまうこともよくあります。

大浦 有加

大浦 有加新卒採用 2013年入社 主任

総務部

大切なのは相手を思いやる気持ち。
言い方ひとつで伝わり方が違います。

入社後に配属された店舗で2年間携帯コーナーの接客販売・売場管理を経験し、3年目に総務部へ異動、現在は従業員の採用および人財育成の業務を行っています。
総務部の仕事は、専門的な労務知識が必要な業務もあれば店舗勤務の経験を活かして行う業務もあり、私が想像していた事務職とは違って多岐にわたる業務内容に異動当初は戸惑うことも多々ありました。

新規店舗のスタッフ研修を任され、どのように伝えれば理解してもらえるのか、接客とはまた違う「人に教える」難しさを実感しました。人に何かを教えるには、まず自身が理解を深め、何から教えるのか、どう教えるのか、しっかりと順序立てる必要があります。また、言い方一つで相手への伝わり方も変わってきます。特に新規店舗のスタッフは初めてのことばかりで不安な事もたくさんあるので、研修は明るく元気に、笑顔で進めるように意識しています。また、覚えてもらいたい事やしなければいけないことを、ただ覚えてください、○○してくださいと一方的に伝えるのではなく、相手がわかりやすい表現にしたり「例えば…」と自分自身の経験をふまえながら説明したりと相手を思いやる言い方で丁寧に対応することを心がけ、店舗での接客経験は研修でも活かせています。

ジョーシンは仕事とオフのメリハリがしっかりしているところも魅力で、プライベートが充実している先輩が多いと感じますね。仕事に尽力するためにも、オフはしっかりリフレッシュしています!休日には店舗で勤務する先輩とランチをすることもあり、お互いの仕事の話から興味のあるアイドルの話まで話題は尽きませんが、やはりメインは美味しいスイーツを食べること!「次はどこに行く?」と、美味しいスイーツの店舗を探しながら楽しい時間を過ごしています。

美味しいスイーツはいくらでも食べられそう!