ジョーシングループ 事業継続基本方針

ジョーシングループは、地震等の自然災害、あるいは感染症その他の甚大な被害をもたらす危機の発生に備え、生命の安全確保を最優先とし、二次災害の防止と資産の保全を図るとともに、当社の社会的責任として事業の継続による社会への貢献に努めます。

この実現に向け、当社本社は電気製品等の販売を行っている営業部門を支援するITや物流等の各種インフラやグループ経営管理を中心とした業務において、事業継続への取り組みを経営の最重要課題の一つと位置づけ、社是「愛」の精神のもと、以下の基本方針を定め、事業継続マネジメントシステムの構築およびその運用管理を積極的に実施いたします。

基本方針

  1. 生命の安全確保
    来店されているお客様、従業員及びその家族、取引先様・周辺地域の方等、当社を取り巻く総ての方々に対する生命の安全確保を最優先事項として対応いたします。
  2. 資産の保全
    事業継続に必要な施設・設備・情報システム等の資産を確保するための対策を推進し、その保全に努めます。
  3. 事業の継続
    事業の中断・阻害を引き起こすインシデントを防止し、その発生可能性を低減し、発生に備えるとともに、発生した場合には対応し、事業を復旧するため、文書化した事業継続マネジメントシステムを計画・確立・導入・運用・監視・レビューする事業継続マネジメント体制の構築と維持・運用に努めます。また、事業継続マネジメントシステムの継続的な改善を目指します。
  4. 地域社会への貢献
    必要に応じ政府・自治体・他企業等とも連携し、地域社会の安全確保に向けた協力等、地域・社会への貢献に努めます。
  5. 関係法令等の遵守
    事業継続マネジメントシステムを推進するにあたり、関連法規、規制、条例および当社が同意するその他の要求事項を遵守します。

この基本方針は本社部門をはじめ全従業員に周知徹底するとともに、関係会社等にも周知し、理解と協力を要請します。

2016年9月20日